pdweb
無題ドキュメント スペシャル
インタビュー
コラム
レビュー
事例
テクニック
ニュース

無題ドキュメント データ/リンク
編集後記
お問い合わせ

旧pdweb

ProCameraman.jp

ご利用について
広告掲載のご案内
プライバシーについて
会社概要
編集後記

このページでは、編集後記や編集部からのお知らせを掲載していきます。

▼2020年2月1日

2020年も1か月が過ぎてしまいました。皆様いかがお過ごしでしょうか? 私は、好きなアーティストが続々と来日することに心を躍らせています! 3月にはFoals、4月にはDIIV、5月にはMGMT、そして9月には先日グラミー賞で史上最年少主要4部門独占を成し遂げたBillie Eilishが来ます。お財布は寒いですが、大好きな人たちに会えるので心はほかほかです! ほんとですよ。皆さんは心を躍らせていること、ありますか? (吉田)

編集部には稼働しているパソコンが5台あって、1台はMac、2台がWindows10マシン、残りの2台はWindos7マシン。自分のメインマシンもWindows7機だ。7を使い続けるこだわりがあるわけではないのだが、編集作業上、特に困らないので困っている(笑)。何かの調査によると、まだまだビジネスの現場で7機が使われているようだ。数値、テキスト、写真、音声、動画…これらのデータをより快適に扱うためにOSは機能拡張してきたが、逆にこういったデータを問題なく扱えれば、OSの進化はひとまず止まってしまうのかもしれない。
では人は次にどんなデータを処理したいのか? 例えば編集の現場では、インタビューや対談のテキスト化など大歓迎だが、それはまだ現実的ではない。これからは人とPCをつなぐAD変換系のインターフェイスやセンサーなどが進化してくれると嬉しいですね。(森屋)



▼2020年1月1日

明けましておめでとうございます。私は昨年カラーズとの出会いもあり、とても楽しい1年になりました。現在は「DESIGNER'S FILE 2020」を鋭意製作中です。皆さま楽しみにしていてくださいね。今年も1年、良い毎日を過ごしましょう! pdwebも引き続きよろしくお願いいたします! (吉田)

あけましておめでとうございます。2019年のレコード大賞はFoorinの「パプリカ」でしたね。ここ数年、意外な? 受賞作が続いたので、今回は納得した人も多かったのではないでしょうか。と言いますか、大衆音楽は多様化、細分化し、老若男女、誰でも知っている歌手や歌はほとんどなくなりました。またレコード、CDがオールドメディアになりつつある現在、レコード大賞というネーミング、システムも刷新が必要なのかも知れません。
と、前置きが長くなりましたが、クリエイティブの世界も多様化、細分化という点で音楽と似ている気がします。歌の世界もクリエイティブの世界も、ターゲットとかマーケティングを超越した、ドカンと巨大な才能が現れないかなと期待しています。(森屋)



●2019年の編集後記のバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/editor/2019_index.shtml

●2018年の編集後記のバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/editor/2018_index.shtml

●2017年の編集後記のバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/editor/2017_index.shtml


●2016年の編集後記のバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/editor/2016_index.shtml


●2015年の編集後記のバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/editor/2015_index.shtml

●2014年の編集後記のバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/editor/2014_index.shtml

●2013年までの編集後記のバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/oldpdweb/editor/editor.shtml

●2013年までのお知らせのバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/oldpdweb/editor/index.shtml

●2013年までのpdwebメールマガジンのバックナンバーは以下まで
http://pdweb.jp/oldpdweb/editor/mail_mag.shtml


 





Copyright (c)2007 colors ltd. All rights reserved